標準化事業

HOME  >  標準化事業  >  5.平成31年度の標準化事業

5.平成31年度の標準化事業


平成31年度は、以下の事業を実施しています。

(1)ファインセラミックス標準化プログラムの策定とその推進
 標準化ロードマップの検討などを行う「ファインセラミックス標準化連絡協議会」と連携して標準化本委員会及び分野毎の専門委員会はファインセラミックス分野における標準化プログラムの策定とその推進を図ります。
 さらに、標準化本委員会では、分野毎の専門委員会を中心に、業界ニーズを把握するための方法や今後の当協会の標準化事業の進め方について検討を行います。


(2)調査研究(予定)


<国際標準化>

 ①ISO/TC150に関する国内審議団体業務の推進
  株式会社三菱総合研究所からの委託で、外科用インプラント(ISO/TC150)のうち、外科用インプラント(全体)、材料(SC1)、人工関節及び人工骨(SC4)、骨形成(SC5)及び再生医療機器(SC7)に関する国内原案作成団体として関連する国際規格原案を審議・作成し、我が国の意見を国際規格に反映させます。さらに、再生医療機器(SC7)について、幹事国業務を行います。
 また、「硬化型骨ペーストの特性評価法」、「3次元骨モデル生成手順」、「力学的安全性評価用模擬骨」、「領域選択MRSによる軟骨評価法」、「生体模倣環境中での曲げ試験法」、「生体模倣環境中でのねじり試験法」他について、ISO規格制定に向け委員会審議の推進等を行います。
  

 ②ISO/TC150/SC7の幹事国業務の推進
  公益財団法人JKAから競輪補助をうけて、再生医療機器関係の新業務項目提案の推進と提案テーマに関して規格開発の進展を図ります。さらに、引き続き、幹事国としての責務を果たし、各国をリードしながらTC150/SC7の活動内容の充実を図り、世界のルール作りに貢献します。
  

 ③ISO/TC206の幹事国業務の推進
  公益財団法人JKAから競輪補助をうけて、新業務項目提案の推進を行います。さらに、引き続き、幹事国としての責務を果たし、各国をリードしながらISO/TC206の活動内容の充実を図り、世界のルール作りに貢献します。


<化学的特性>

 ④ファインセラミックス薄膜反射率測定標準の耐候性保証に関する国際標準化
  株式会社三菱総合研究所からの委託事業として、ファインセラミックス薄膜反射率測定用標準反射鏡の評価方法を確立し、ISO/TC206への国際標準提案を目指します。


<エネルギー>

 ⑤次世代パワエレ基板の熱特性評価方法に関する国際標準化
  株式会社野村総合研究所からの委託事業として、次世代のパワエレ基板について➀定常熱抵抗測定方法、②放熱・熱衝撃特性測定方法、③過渡熱特性測定方法を確立し、ISO/TC206への国際標準提案を目指します。
  

 ⑥GaN結晶の転位検出方法に関する国際標準化

  株式会社野村総合研究所からの委託事業として、パワーデバイス用材料である窒化ガリウム(GaN)結晶の全面の転位の➀分類及び②検出方法の国際標準化を目指します。


 ⑦固体酸化物形燃料電池セル用セラミックス材料の特性試験方法に関する国際標準化

  株式会社野村総合研究所からの委託事業として、固体酸化物形燃料電池(SOFC)の普及拡大のキーとなるセラミックス部品の➀薄膜界面強度測定方法、②複合多孔体強度信頼性評価方法を確立し、ISO/TC206への国際標準化を目指します。

 ⑧白色LED用セラミックス蛍光体の性能評価法に関する国際標準化
  株式会社野村総合研究所からの委託事業として、白色LED用セラミックス蛍光体に関して、光学特性相対測定法を確立し、ISO/TC206への国際標準提案を目指します。

 

<医療>
 ⑨バイオセラミックスの生物学的多機能性評価に関する国際標準化
  株式会社三菱総合研究所から委託を受けて、バイオセラミックスの生物学的多能性評価について検討し、ISO提案を目指します。
  

 ⑩海綿骨モデルを含む脊椎骨周辺のモデルの力学的測定法に関する国際標準化
  東北大学からの請負で、整形・形成外科に用いられる骨固定用具などの医療機器の評価に用いる3次元構造模擬骨について、海綿骨を含む脊椎骨周辺モデルの力学的測定法に関する委員会を運営し、ISO提案を目指します。
 

 ⑪外科用埋め込み型インプラントに関する、有限要素法による力学的耐久性評価の国際標準化
  名古屋大学からの請負で、外科用埋め込み型インプラントに関する、有限要素法による力学耐久性評価の方法に関する委員会を運営し、ISO提案を目指します。

 

<複合材料>
 ⑫長繊維強化セラミックス複合材料の試験法標準化に関する調査作業
  国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)からの請負で、長繊維強化セラミックス複合材料の特性試験のうち、面内せん断強度試験法について検討するとともに、戦略的に標準化テーマを選定して検討を進めます。





一般社団法人日本ファインセラミックス協会:ページの先頭へ戻る