通常非公開

HOME  >  通常非公開  >  JFCAの近況(2月)

JFCAの近況(2月)

2月、「鬼は外、福は内」と年齢の数だけ豆を食べるには、少し多すぎるようになり、節分には恵方を向いて食べる恵方巻のほうが良さそうです。

 今年初め、人類初の月裏面への中国探査機の成功を受けて、人民日報(日本語版)は、「上海交通大の新材料(SiC強化アルミ複合材料)、人類初の月の裏側の着陸をサポート」と報じました。まさに材料を制するは世界を制するです。武漢理工大学招聘教授の後藤先生(前東北大)は、「中国は(日本の)学生や若い研究者の留学先としてもお勧めしたい」と言う。2016年の中国の研究費総額45.2兆円(日本18.4兆円)を考えれば難しいことではありませんが、社会は私たちが考える以上に大きく動いています。
https://spc.jst.go.jp/experiences/studylife/studylife_1901.html

 さて、先月末のJFCAテクノフェスタ・新春懇談会は、大変盛況でありがとうございました。会場から眺める東京タワー、当日は大坂なおみを祝福する日の丸の特別ライトアップで、JFCA新春懇親会にも華を添えてくれました。

 今月は、年度末も迫り政府受託の標準開発調査研究は大忙し、延べ240名の大学、国研、企業委員に感謝、感謝です。15日(金)は公安調査庁の専門家を迎えたCMC勉強会、20日(水)
はFC Reportの編集委員会、22日(金)~23日(土)は先進コーティングアライアンス(ADCAL)と学会共催の1泊2日セミナーと行事が続きますが、多数の御参加をお待ちしています。
 インフルエンザが広がっています。先日、慌てて予防注射を受けましたが、皆様、くれぐれも御自愛下さいませ。

(一口知識)
 先月発表のトヨタ新型スポーツカーは、初めてセラミックブレーキを搭載し見えないところが変わりました。昨年から欧州の高級車はセラミックスブレーキが標準装備と聞きますが、セラミックス関係者として安全、軽量化に貢献できることは大変喜ばしいことです。






一般社団法人日本ファインセラミックス協会:ページの先頭へ戻る