標準化事業

HOME  >  標準化事業  >  4.国際標準化

    JFCAで作成された規格原案のうち、JIS原案はJFCAから直接JISCに提出しますが、国際標準については、原案提出からIS発行までに3~4年を要すること、またその間に各国への説明および調整業務が必要なことから、ファインセラミックス国際標準化推進協議会(JFIS)に原案提出を行い、JFISが国際標準化およびIS発行後のメンテナンス業務を実施します。
    JFISは、ISO/TC206(ファインセラミックス)およびISO/TC150(外科用インプラント)/全体、SC1(材料)、SC4(人工関節及び人工骨)、SC5(骨形成)、SC7(再生医療機器)の審議団体となっており、JFISのもとに幹事国業務委員会、国内業務委員会および企画推進委員会が設けられ、国際標準化を進めています。
    なお、日本は、TC206およびTC150/SC7の幹事国となっており、またJFCAとJFISは緊密な連携のもとに標準化を進めています。

24_国際標準化


一般社団法人日本ファインセラミックス協会:ページの先頭へ戻る